『GroupMLメーリングリストサービス利用規約』

『GroupMLメーリングリストサービス利用規約』

本規約は、GroupMLメーリングリストサービスの運用者(以下「運営者」)が提供するメーリングリストサービス(以下「本サービス」)の利用者と運営者との関係を定めるものです。本規約は、本サービスの利用に関して生ずる全ての関係に適用されます。


■第1条 サービスの内容
1. 本サービスは、運営者の提供する本サービスのウェブサイトおよび電子メールで、メーリングリストを利用するサービスです。
2. 本サービスは、日本国内向けのサービスです。運営者は日本国内の法令に基づき、本サービスの会員情報を取り扱うものとします。運営者は、日本国外から本サービスにアクセスする行為について、制限を行うことができるものとします。

■第2条 用語の定義
1. 本規約において、次の用語はそれぞれ次の意味で使用されます。

(1)「ML」とは、メーリングリストをいいます。
(2)「利用者」とは、本サービスの利用登録を完了した者をいいます。
(3)「ML管理者」とは、MLを管理する利用者(オーナー/アシスタント)をいいます。
(4)「MLメンバー」とは、ML管理者を除く利用者をいいます。

■第3条 サービスの利用登録・利用期間

1. 利用登録は、本サービスのウェブサイト上で運営者が定める利用登録(本利用規約への同意を含む)方法に従い手続きすることにより行います。
2. 利用登録は、電子メールアドレス・パスワード・その他運営者が指定する情報を入力する必要があります。
3. 未成年の方は、利用登録に際しては、利用登録をすることおよび前項に定める事項を登録することについて、必ず事前に保護者の同意を得てください。会員登録の完了をもって保護者の同意を得たものとみなします。
4. 登録された情報が不正確であった場合、または、利用登録申込者が過去不正な行為により本サービスの利用登録を抹消された等の事情がある場合、その他運営者が不適切と判断した場合には、運営者は理由を示す事なく本サービスへの利用登録を拒絶または取消し、あるいは一時停止することができ、該当者はそれに従うものとします。
5. 運営者は利用登録を許諾した場合は、利用登録申込者に対して利用登録の通知を発信するものとし、該当の通知をもって、利用登録申込者は利用者になるものとします。
6. 本サービスの利用期間は、前項の時点をもってその開始とし、利用者が、利用解約手続きを完了した時点をもってその終了とします。

■第4条 利用料金

1. 本サービスの利用料金は無料です。ただし、その他のプロバイダー料金、電話回線接続料金(パケット料金を含む)、また本サービスから提供された情報に基づく行為による費用は利用者の負担とします。
2. 運営者は、利用料金を設定・変更することがあります。利用料金を変更する場合は本サービスのウェブサイトへの表示などの方法で会員に告知するものとします。

■第5条 メーリングリスト

1. 利用者は、運営者がウェブサイト上で別途指示する方法により、MLを作成することができます。
2. 前項でMLを作成した利用者が当該MLのオーナーとして、当該MLを管理・運営します。
3. 運営者は、利用者が作成・運営するMLで配信される電子メールに広告またはアンケートの案内を添付または挿入することが出来るものとします。
4. 利用者は、前項のアンケートに回答する義務を負いません。ただし、利用者がアンケートに回答した場合には、運営者およびアンケート依頼主が同アンケート中で特定する用途または目的にその回答を利用することに同意したものとみなします。
5. 運営者は、利用者に対し、本サービスに関する連絡事項またはその他の情報の電子メールを送信することがあります。
6. 運営者は、運営者が定めるスパムメール(迷惑メール)基準を超えた電子メールに対して、事前予告無しに削除することが出来るものとします。
7. 運営者は、MLに登録された電子メールアドレスに対するエラーメールを受信した場合、該当の電子メールアドレスへの電子メール送信を止めることが出来るものとします。

■第6条 ML管理者の義務

1. ML管理者は以下項目の義務および責任を負うこととします。
(1) MLの管理・運営についてその一切の責任を持つものとします。
(2) ML管理者のパスワードまたはML管理者として管理するMLの不正使用・その他のセキュリティ違反を発見した場合は、運営者に直ちに通知する義務を負います。
(3) MLメンバーに対し、配信される電子メールに広告またはアンケート等が挿入・添付されること、並びに、アンケートに回答した場合の情報の取扱について周知するものとします。
(4) MLメンバーに対し、運営者より本サービスに関する連絡事項またはその他の情報の電子メールを送信することがある旨を周知するものとします。
(5) MLメンバーが、本規約で規定する禁止事項を行わないよう、管理・監督するものとします。
(6) ML管理者として管理するMLへの電子メールについて、利用者以外または第三者の全ての電子メールに対してもその管理義務を負うものとし、また、当該電子メールについては、ML管理者が表示した情報と同様の適用を受けるものとします。
(7) ML管理者として管理するML内で紛争が起こった場合は、当該利用者は自己の責任で解決するものとし、運営者または他の利用者および第三者が損害を被った場合は、当該利用者はこれを賠償するものとします。
(8) ML管理者として管理するMLが一定期間利用されていない場合や、ML管理者によるメーリングリストの管理が不十分であると判断した場合には、当該ML管理者へ確認することなく、MLへの投稿情報を削除することができるものとします。
(9) ML管理者として管理するMLのMLメンバーの電子メールアドレスへの電子メール送信がエラーとならないよう、維持するように努力するものとします。
(10) ML管理者の電子メールアドレスへの電子メール送信がエラーとなった場合のMLの取り扱いについては、運営者に一任するものとします。

■第7条 禁止事項

1. 利用者が第3項の禁止行為を行った場合でも、運営者が対応を行う義務は負わないとします。
2. 利用者が第3項の禁止行為を行った場合に、運営者が行った対応ならびに対応に伴う一切の損害に対し、運営者はその責任を負わず、利用者は運営者に対し何ら不服を唱えないものとします。
3. 利用者が以下の行為を行うこと、ならびに以下の行為を行うために本サービスを利用することを禁止します。
(1) 第三者の電子メールアドレスや虚偽の情報で利用登録を行う行為
(2) 他の利用者・第三者もしくは運営者が保有する、知的財産権その他の財産権、および、その他の権利・利益を侵害する行為、または、侵害するおそれのある行為
(3) 自己又は第三者との性交及び異性交際の相手となることやお金が目的の交際をすることを求める書き込みをする行為
(4) 他の利用者・第三者もしくは運営者に不利益もしくは損害を与える行為、または、そのおそれのある行為
(5) 他の利用者もしくは第三者の個人情報の収集・譲渡または譲受にあたる行為、または、そのおそれのある行為
(6) 公序良俗に反する行為、または、そのおそれのある行為、あるいは、それを助長し、または助長するおそれのある行為
(7) 公序良俗に反する情報を他の会員、利用者もしくは第三者に提供する行為
(8) 未成年者にとって有害と認められる情報を掲載する行為、または、それらを助長する行為。または、前記のおそれがある行為
(9) 直接的、もしくは間接的とを問わず、他の会員に対する本サービス内での営業行為。または、それらを助長する行為。または、前記のおそれがある行為
(10) 直接的、もしくは間接的とを問わず、他の会員に対する本サービス内での運営者が判断する『出会い系サイト』、『アダルトサイト』および『その他不適切なサイト』の案内、および誘導行為。または、それらを助長する行為。または、前記のおそれがある行為
(11) 猥褻な表現を含む情報、その他公衆の射幸心を仰ぎ、または公衆に羞恥心、嫌悪感を抱かせるおそれのある情報を掲載し、または他の利用者もしくは第三者に提供する行為
(12) 人を自殺に誘引、または勧誘する行為
(13) 法令に違反する行為や犯罪的行為、もしくはそのおそれのある行為、あるいは、それを幇助する行為
(14) 事実に反する、またはそのおそれのある情報を提供する行為
(15) インターネット上で、他の会員、利用者、第三者もしくは運営者が入力した情報を不正に改竄する行為
(16) 他の利用者・第三者もしくは運営者に成りすます行為
(17) 有害なコンピュータウイルス、コード、ファイル、プログラム等を開示する行為、もしくは開示されている場所について示唆する行為
(18) 本サービスおよびその他運営者が提供する各種サービスの運営を妨げる行為、または、そのおそれのある行為
(19) 本サービスおよびその他運営者が提供する各種サービスの信用・名誉等を傷つける行為、またはそのおそれのある行為
(20) 会員が本サービスを利用して、本サービスに定めるサービスと同様のサービスを、有償無償を問わず第三者に提供もしくは再販売、あるいは転売する行為
(21) 他の利用者・第三者もしくは運営者が保有する財産もしくはプライバシー/肖像権を侵害する行為、また侵害する恐れのある行為
(22) 直接的もしくは間接的を問わず他の会員に関する詐欺行為、またはそれを助長する行為・前記の恐れのある行為
(23) デマゴギーなど、直接的もしくは間接的を問わず会員を扇動する行為、またはそれを助長する行為・前記の恐れのある行為
(24) 大量の電子メールを送信する行為
(24) その他、運営者が不適切と判断する全ての行為

■第8条 免責事項

1. 運営者は、利用者に承諾を得ることなく、本サービスの一部もしくは全部を中断・中止・停止できるものとします。
2. 運営者は、本サービスにより提供する情報などの内容についての完全性・正確性・確実性および有用性等いかなる保証も行わないものとします。
3. 運営者は、本サービス提供のための利用者に対するソフトウェアのサポートならびに運営者が管理する設備のソフトウェアの設定・改変を行う義務を負いません。
4. 運営者は、本サービスの中断・中止・停止ならびに本サービス内容の変更や追加または停止によってうけた利用者の損害について、一切責任を負いません。
5. 運営者は、利用者が本サービス入力やMLへ投稿を行った情報・データ等に関し、その破損・盗用・消失等の被害が発生した場合においても、一切の責任を負わないものとします。
6. 運営者は、MLの電子メールの配信について、誤送信・不配送・遅延等について、一切の責任を負わないものとします。
7. 本サービスの利用に伴い、利用者が他の利用者もしくは第三者との間で紛争を生じた場合、運営者は一切責任を負わないものとし、各利用者が自己の費用および責任において当該紛争を解決するものとします。
8. 運営者が掲載する広告および本サービスを利用することにより表示される全ての広告の内容および当該広告により発生した利用者および第三者の損害については、利用者および第三者と当該広告主との間で紛争を解決するものとし、運営者は一切の責任を負いません。


■第9条 利用者情報の取り扱い

1. 利用者は利用登録の際に、電子メールアドレスやパスワード、その他必要な情報を登録し、運営者は当該情報を利用者の個人情報として保持します。利用者は、当該個人情報を、運営者が本サービスを提供する目的で利用することに同意し、運営者は当該個人情報を以下の利用目的の範囲内で取り扱います。
(1) MLの電子メール配信を行うため
(2) 本サービスの利用・変更・廃止の個人認証・通知を行うため
(3) 利用者からの問い合わせに対応するため
(4) 運営者からの規約の変更・その他のお知らせ・メールマガジンを配信するため
(5) 法令に基づき裁判所その他の司法機関および行政機関から利用者に関する情報の開示を要求された場合
(6) その他任意に利用者の同意を得た利用目的のため

■第10条 規約の変更

1. 運営者は、必要に応じて利用者への了解を得ることなく、本規約を変更できるものとします。
2. 規約の変更の発表から1週間以内に利用者が運営者の指定する手続きに従って退会手続きを行わない限り、利用者によって承諾されたものとみなし、規約が有効に変更されたものとします。

■第11条 準拠法・裁判管轄・分離可能性等

1. 本規約は、日本国の法律に準拠し、日本国の法律に従って解釈・適用されるものとします。
2. 運営者と利用者との間に訴訟等の必要性が生じた場合、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とすることを予め合意します。
3. 本規約のいずれかの条項・条件が何らかの理由で効力が無いとされた場合であってもその条項・条件は許容される最大範囲で合理的に解釈され、また、いずれかの条項・条件に効力が無いことは本契約の他の条項・条件の有効性や効力に一切影響しません。

■第12条 その他

1. 利用者は本規約に定めのない事項については、別途運営者が定める規則に従うものとします。